日活ロマンポルノ動画情報
Roman Porno Info日活ロマンポルノの名作情報
  1. ロマンポルノinfo
  2. ブログ
  3. 『女教師のめざめ』(主演:朝比奈順子)を見た感想と評価

『女教師のめざめ』(主演:朝比奈順子)を見た感想と評価

宝塚出身の朝比奈順子が主演する『女教師のめざめ』を見ました。ハードな濡れ場が多く、名作の1つと言われる理由が分かった気がします。

女教師のめざめ

あらすじ

朝比奈順子演じる女教師は潔癖のため彼氏である同僚教師(錆堂連)にすら体を許していなかった。

しかしそんなある日、教頭(野上正義)に公園で大型犬をけしかけられ、トイレに逃げ込んだところを襲われてしまう。

そのときの快感が癖になってしまい朝比奈は犬の鳴き声を聞くと興奮するようになってしまった。

一方、彼氏である錆堂連は生徒の母親(山科ゆり)に誘惑され体の関係を持ってしまう。そのシーンを息子(池田光隆)に盗撮されてしまい…

ストーリー展開はイマイチ

最後は「そういうオチか!?」と思うのですが、これは見る人によって理解が変わってくるような気がします。

ストーリーを散らかしすぎて、回収しきれなかった感じは否めませんでした。画面の切り替わりも急で理解が追いつきにくいです。

短期間で一気に撮るので制作した本人たちも分からなくなってしまったのではないかと思います。

もしかしたら見る人が勝手に想像できるようにしたのかもしれません。でも強引に終わらせた感じは残ります。

ハードな濡れ場が多い作品

朝比奈順子がハードな絡みを演じています。公園のトイレでのレイプシーンや、アソコにウイスキーを注入されるシーン、大型犬に体を舐められるシーンなど見所は多いです。

中でも最後の首輪をつけられ犬のように四つんばいで歩かされているときの表情は朝比奈順子ならではです。

共演の山科ゆりが生徒の母親役で出演しているのですが、淫乱な母親役を見事に演じています。人によっては山科ユリの濡れ場のほうが好きかもしれません。

部屋の壁から自分の母親の寝室が覗けるようになっている仕掛けは演出として面白かったです。陰部を隠すのにモザイクに頼りすぎたのは少し残念です。

全体的に激しい濡れ場が多い作品でした。ストーリーがイマイチな割りには名作の1つに数えられるのはそういうところなのかもしれません。

動画⇒女教師のめざめ

↑ PAGE TOP