日活ロマンポルノ動画情報
Roman Porno Info日活ロマンポルノの名作情報
  1. ロマンポルノinfo
  2. おすすめ作品
  3. 早乙女愛の動画(日活ロマンポルノでヌードを披露)

早乙女愛の動画(日活ロマンポルノでヌードを披露)

人気女優の早乙女愛が唯一出演したにっかつロマンポルノ作品です。

動画の内容 女猫(めねこ)

医学部の学生だった頃に学長の息子と付き合っていたネコ(早乙女愛)は嫉妬した愛人に刺されてしまう。

そのショックから薬物中毒となってしまったが、現在の勤務先の院長である琴枝(伊東幸子)に拾われる。

それ以来、二人は女同士、レズの関係にあった。


ある日、参加したパーティーで英子(大塚良重)という女が箱を持って近づいてきた。

その瞬間に何者かがその箱を拳銃で狙い撃ちした。

しかし銃弾は外れ、その場にいた他の男に命中し倒れた。

箱の中身は人間の頭蓋骨だった。それを復元すると英子にそっくりの顔になった。

その頭蓋骨は妹・晶子のものだった。

晶子は男とドライブ中に失踪していたのである。

そしてその男というのはネコがかつて付き合っていた院長息子であった。


何も知らなかった英子は院長息子とともに妹を探しているときにセックスして妊娠した。

しかし堕胎するように言われ、妹殺しの犯人が院長息子であると疑い始める。

その父親の院長は真実を知った英子やネコ(早乙女愛)を殺す計画をたてる。

ネコの勤める病院の院長である琴枝の医療ミスの過去をネタに、ネコを殺害するよう脅す。


そして琴枝がメスでネコを刺そうとする・・・

しかし直前で件のパーティーで知り合ったシャーリー(岩城滉一)というゲイの男が助けに入る。

ネコとシャーリーは院長に復讐をはじめる。

そんな中でやがて二人はセックスをする。ネコはそこで女の喜びを知る。


院長息子の結婚式の日に院長に対する復讐は成功する。

そしてシャーリーは院長息子を工場跡に連れ出す。

そこで激しい銃撃戦がはじまりシャーリーは撃たれてしまう。


しかしシャーリーはネコの待つ場所へと向かう。

やがて二人は再会するが、そのときシャーリーは力尽きてしまう。

ネコは呆然と立ち尽くすのであった・・・

早乙女愛の美しい巨乳

それまで清純派女優というイメージの強かった早乙女愛が初めてセックスシーンを演じ、ヌードを披露した作品。

この作品以降は大胆なセックスシーンを演じることも増えたが、当時は大きな話題となり、高い興行収入を記録した。

早乙女愛が出演した日活ロマンポルノ作品はこの「女猫」のみであるが、今でも動画配信され高い人気を誇っている。

見所はなんといっても早乙女愛のスタイルの良さである。

形の良い巨乳をおしげもなく晒し、大胆なセックスシーンを演じている。

また感じているときの顔の表情も良い。

早乙女愛のプロフィール

早乙女愛

早乙女愛(さおとめあい) 1958年生まれ 鹿児島県出身


1974年マンガ原作の『愛と誠』にて西城秀樹の相手役ヒロインとして映画デビュー。

このときはオーディションで40000万人以上の応募者の中から選ばれた。

この作品の中での役名「早乙女愛」をそのまま芸名にした。


『愛と誠』はシリーズ化され全部で3作製作された。

早乙女は地元である鹿児島の高校に通いながら夏休みなどを使って撮影に参加していたため留年している。

この作品によって一気に男性からの人気に火がつく。


1975年には渥美清主演の『男はつらいよ』にも出演している。

その後も清純派女優として数多くの一般映画やテレビドラマに出演。

1983年に山城新伍が監督を務める『女猫』にて日活ロマンポルノに初出演。

初めてヌードを披露し大ヒットを記録する。


1985年に実業家の男性と結婚する。

1996年、昼ドラ『はるちゃん』に出演中に妊娠し降板。翌年、男児を出産。

2000年ごろまで脇役としていくつかの作品に出演した後、アメリカへ移住。その後に離婚。

2010年にワシントン州の病院で多臓器不全のため死去。満51歳没。

↑ PAGE TOP